徳島県にある協立病院のホームページです。
診療案内、入院施設、介護老人保健施設、グループホームなどを紹介します。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

当院では、平成27年9月1日付けで整形外科医・脳神経外科医の専任医を配置した回復期リハビリテーション病棟を開設いたしました。
寝たきりの予防、家庭復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行う病棟です。脳神経外科・整形外科の医師を中心に専門スタッフがサポートさせていただきます。

回復期病棟とは
回復期リハビリテーション病棟は、病気により低下した能力を再び獲得して日常生活に必要な動作の改善を図り、在宅復帰を進めることが目的の病棟です。

回復期リハビリは、最大1日2時間 (6単位・20分/単位)通常月曜~土曜リハビリを実施します。

病床数:46床(4人部屋 10室/2人部屋 2室/個室 2室)

入浴回数:週2回以上 (患者さまの状態に応じて柔軟に対応させて頂きます)

面会時間:10時~20時迄です。夜間17時より夜間通用口をご利用ください。

対象者 (対象疾患) ・入院日数

脳血管疾患 (脳梗塞 ・ 脳出血等) 、脊髄損傷、頭部外傷、脳腫瘍、くも膜下出血のシャント術後、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷の発症又は手術後の状態。義肢装着訓練を要する状態
発症/手術から入院:2ケ月以内
入院日数:150日
上記と同疾患で、高次脳機能障害を伴った重度脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む外部位外傷の場合
発症/手術から入院:2ケ月以内
入院日数:180日
2肢以上の多発骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は手術後
発症/手術から入院:2ケ月以内
入院日数:90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており手術後又は発症後の状態
発症/手術から入院:2ケ月以内
入院日数:90日
股関節又は膝関節の置換術後の状態
発症/手術から入院:1ケ月以内
入院日数:90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靭帯損傷後の状態
発症/手術から入院:1ケ月以内
入院日数:60日